BOURGOGNE ROUGE 2012 DOMAINE FONTAINE-GAGNARD
ブルゴーニュ・ルージュ 2012年 ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール
【2014年7月31日】


ブルゴーニュ・ルージュ_500

■テイスティングコメント
【外観】
透明感のある明るいルビー色。


【香り】
甘いイチゴ、イチジクのアロマにハーブのニュアンスが重なる。
イチゴとハーブで、原っぱの野イチゴのようだ。


【味わい】
鉄分を伴う豊かなミネラル感とピュアな酸味が口中に広がる。


【イメージ】
このワインは開けてグラスに注いでから刻々とその姿を変えました。
開けたては、思春期の女子高生の気まぐれのように素っ気ない。
春の入学式から始まり、夏、秋、冬と季節の移り変わりとともに、その子(ワイン)も少しずつ大人になっていく。
冬になる頃には、少し恥ずかしそうに振り向いてくれた感じです。
芯が強くて頑張り屋の女の子の青春。
そんなワインでした。

ブルゴーニュ・ルージュimg_500

■概要
ドメーヌは1985年に設立され、所有する畑はシャサーニュ、ポマール、ヴォルネイ村に約10ha。
土壌は基本的には粘土石灰質、葡萄の木の仕立てはギュイヨ式で、1株につき6~8房に制限している。
収穫は全て手摘み、除梗100%、醗酵前に低温浸漬を行う。
アルコール醗酵は白の場合は228ℓの樫樽で、赤はコンクリートタンクで行い、熟成は白は約12ヵ月、赤は約18ヵ月でいずれも228ℓの樫樽で行う。
新樽率はブルゴーニュとヴィラージュが20%、1級と特級が30%である。