一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:2001

ムーラン・ナ・ヴァン 2001年 オリヴィエ・メルラン
Moulin-a-vent 2001 Olivier Merlin
【2014年11月18日】

ムーラン・ナ・ヴァン_500

■テイスティングコメント
【外観】
褐色がかった濃いルビー。
深い色でグラスの底は濁っているが、これはノンフィルターのため。


【香り】
第三アロマを表すドライフルーツのニュアンス。
熟成感を出しながらも、ザクロのようなフレッシュな香りも同時に感じる。
果実の香りの後にタバコの葉のような熟成度を表すアロマが鼻腔を抜ける。


【味わい】
アタックは、強い酸味と、ふくよかなタンニン(渋味)。
フィニッシュは綺麗に消え、嫌味無く身体に染み込まれていく。
ヌーヴォーのガメイに慣れている方々に飲んで頂きたい重口のガメイ。


【イメージ】
私がガメイに持つイメージは、ポジティブで陽の品種。
しかし、こちらのワインを飲んで、まず浮かんだイメージは、闇と闇の中に灯る光。
生命力に満ち溢れた緑の森林ではなく、秋の終わりから冬にかけての雑木林を連想したのは熟成感からです。
重心が低く重いワイン。


冬の深い闇に向かっていく。
しかし、その中に光もある。


冬の季節は"ヴィンテージ"、もしくは"土壌"を、光は"品種の性格"を表しているのかもしれません。
対極の性質を同時に体現しているワインを造る生産者は何か抜けているものがあると解釈しています。


ムーラン・ナ・ヴァンimg_500

■概要
当主は、ジュラとカリフォルニアで修業を積み、マコネ地区で最良のテロワールと名高いドメーヌを1987年に購入。
マコン、サン・ヴェラン以外は契約栽培。
化学肥料、除草剤を一切使用せず、野生酵母で発酵、ノンフィルター。

ムーラン・ナ・ヴァンとは、10あるクリュ・ボージョレの一つであり、"風車"を意味する。
1936年にAOCを取得し、長期間の熟成に耐えうるワインを産出する。
因みにAOC制定は1935年。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Rudesheim Berg Rottland Riesling Grand Cru 2001
Weingut Georg Breuer
リュデスハイム ベルク・ロットランド リースリング グラン・クリュ 2001年
ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月24日】

ロットランド2001_500

■テイスティングコメント
【外観】
透明感と艶があるイエロー。


【香り】
熟した柑橘系のアロマ。
ソヴァージュは柚子でしたが、ロットランドは蜜柑。
焼いたトーストの香ばしい香り、バター(人によってはクリームブリュレ笑)のニュアンスもあり。


【味わい】
奥深く力強い辛口。
鉱物のようなミネラルと酸味が口中に広がる。


【イメージ】
圧倒的に"大地"のリースリング。
その属性を通して、巨木の根が見える。


過去に飲んだリュデスタイム・ビショフスベルグ・BA 1993年も大地と巨木のイメージでした。
悠久の時を感じさせる世界樹でしたが、こちらも似ています。
しかし、こちらは木より大地、鉱石のイメージが強いです。


植物は地中に根を伸ばす。
地中深く鉱石とともに静かに存在する自然霊グノーム。
彼らは鉱石と岩石を通じ、大地の記憶を集め、植物を通してそれを運ぶ。
遥かなる大地の記憶。
人類より永くそこにあり続ける。


どこか幻想的なこのワインは、口に含むと大地そのものを飲んでいるようです。
葡萄により地中深くの養分を吸い上げられ造られるワインの性質上、あながち幻想とも言い切れないかもしれません。
大地の力を集約したようなポテンシャルはグラン・クリュの所以でしょうか。

飲み頃は、まだ10年弱先かもしれません。

ロットランド2001img_500

■概要
ベルク・ロットランドは特級の中でも華やかと評される、ラインガウの恩恵を限りなく受ける最高の区画。
2001年はテレーザ女史ではなく、貴重な先代ベルンハルト氏のワイン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ