一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:1999

Wiltinger Braune Kupp Riesling Auslese 1999 Mosel-Saar-Ruwer
Le Gallais Egon Mu"ller 
ヴィルティンガー・ブラウネ・クップ アウスレーゼ 1999年
ル・ガレ エゴン・ミュラー(競売会用ボトル)
【2014年7月26日】

ヴィルティンガー・ブラウネ・クップ_500

■イメージ
まず思い浮かんだのが黄金色のサトウキビ畑。
風に吹かれてるサトウキビ畑に、麦わら帽子を被った白いワンピースの女性が佇んでいる。
冷涼の地で造られたはずなのに、どこか暖かさを感じる風が吹く。

こちらのリースリングは天空でも大地でもない。
広い蒼空と黄金色の畑、空と大地の両方の性質を併せ持つ。
そのバランス感は、地球の中心にいるようです。

宇宙や世界樹のような人知の及ばない領域ではなく、誰もが手に届く範囲内。
誰もが心に持っている、しかし普段は忘れているような、どこか遠い日の記憶。

佇んでいた誰かは、セピア色に染まった思い出の中の自分?
近くて遠い、そんなワインでした。

ヴィルティンガー・ブラウネ・クップimg_500

■概要
エゴン・ミュラー家はドイツのロマネ・コンティと評価され、ドイツが世界に誇る世界最高峰の白ワイン生産者。
リースリングにこだわり、厳選された葡萄畑から、極少量のリースリングしか収穫せず、天然酵母による伝統的な醸造法を守り続けている。
エゴン・ミュラーは、糖度に基づいた、ドイツワインの格付けに懐疑的で、独自の厳しいハードルを設けている。

ドイツワイン法では、ラベルに<村名+畑名>を表記しなければならないが、 5つの特別な単一畑(オルツタイルラーゲ)に限っては例外で畑名だけの表示が許されており、シャルツホフベルガーはその一つである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Cerasuolo Montepulciano D'Abruzzo 1999
EdoardoValentini
チェラスオーロ・ディ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・ロゼ 1999年
エドアルド・ヴァレンティーニ
【2014年7月12日】

チェラスオーロ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・ロゼ_500

■テイスティングコメント
【外観】
微かに霞んだサーモンピンク。


【香り】
リンゴ、スイカの皮(実ではない)のアロマ。
コーヒー豆のチョコのような香ばしさも感じる。


【味わい】
モカ等、ストレート系のコーヒーのニュアンスは、やはり酸とタンニンに由来する。
凛としたミネラル感と強すぎない苦味を伴うコクを感じるがナチュラル。
ブラインドで出されたら、白ワインと答えてしまうかもしれない。


【イメージ】
老後、子供に戻っていくように、ワインは水に戻っていくんだろうと思えてしまうワイン。
雑味もなし、非常にスムーズです。
原始的なのか、洗練されているのか、対極の属性が同調していて、奥の奥までは覗けません。
その純朴さから、雨上がりの畑や農村をイメージします。

チェラスオーロ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・ロゼimg_578

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ