一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:1983

Brauneberger Juffer-Sonnenuhr Riesling Auslese Lange Goldkapsel 1983
Weingut Fritz Haag
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウアー リースリング アウスレーゼ ロング・ゴールドカプセル 1983年 競売会ボトル
フリッツ・ハーク
【2014年11月10日】

フリッツ・ハーク1983_500

■テイスティングコメント
【外観】
褐色がかった黄金色。
ワインの足は遅め。
液面に艶が見えるので、良質だと判別できる。


【香り】
スワリングすると黄色い花のアロマが溢れ、蜜がかったペトロールがふわっと控えめに香る。
この"蜜がかった"という特徴が重要で、綺麗に熟成した"黄色いリースリング"から総じてそれを感じとれる。
上品で控えめ、それでいて凛としている。


【味わい】
口に含むと、淡く優しい甘味が口中に広がる。
必要以上に甘くはなく、バランスの良い酸味とミネラル感が伴うので、ボディがボヤけず飲んでいて心地良い。
優しくて強い、儚げで厳か。
複雑な要素が絶妙に絡み合い、まとまっている。


【イメージ】
イメージはドミニカ産の虫入り琥珀。
数千万年前の太古の空気を閉じ込めた、悠久の時に想いを馳せられる琥珀のようなワイン。
確固たる歴史と先人の技術、それらをイメージしながら飲めば、時間など簡単に飛び越えられますね。

フリッツ・ハーク1983img_500

■概要
フリッツ・ハークの創設は1605年。
ブラウネベルクの急斜面に畑を持ち、エゴン、プリュムと同格とされる実力者。
収穫は全て手摘み、天然酵母を用い、ステンレスだけではなく樽も使う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Gewurztramier 'Hugel' Selectionne Par Jean Hugel Vendange Tardive Selection de Grains Nobles 1983
ゲヴュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ セレクション・ド・グラン・ノーブル 1983年
ジャン・ヒューゲル
【2014年9月7日】

ジャン・ヒューゲル_500

■テイスティングコメント
【外観】
赤みがかった黄金色。
その色は夕焼けに照らされた焼野原を彷彿させる。


【香り】
焦がしたカラメルの香り。
芳醇な甘い香りがグラスからこぼれる。


【味わい】
口に含むと、控えめながら生命力を感じる甘味。
儚くとも力強い生命力に溢れている。


【イメージ】
可憐な甘味、奥深い余韻、ボトルに収まりきらないスケール感でした。
グラス一杯の甘口ワインから、明日へ繋がるパワー(希望)を貰えました。


下記はアルザスの歴史から読み解いてみました。
幾重にも重なる戦争で荒廃した大地。
災厄、絶望、試練。
かつての繁栄を胸に秘め、立ち上がる。
至高のワインのルーツを誇りに刻む。


今から遥か昔、空と大地の境界線に届く修道女の祈り。
その祈りが信念となって、今のアルザスがある。
自由奔放な空とは異なり、大地に根付いた確固たる歴史。

ジャン・ヒューゲルimg_500

■概要
葡萄品種:ゲヴュルツトラミネール

ヴァンダンジュ・タルディヴの法律が施行される一年前の希少なワイン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ