一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:軟水

太平山 生もと純米 神月 720ml(2016年12月)
【2017年2月2日】

生もと純米神月_350
生もと純米神月2_550

■テイスティングコメント
吟醸香が穏やかに浮上する。
飲み口の第一印象は、エレガントでしなやかなミネラル感。
雑味は一切なく、透明感のある味わい。
決して薄いわけではなく、比喩するのであれば、水の旨味が口中に広がるようだ。
すっきりとした辛口で、良質な水が喉を通っていき、身体に染み込んでいくように感じる。


白神山地の透明感のある清涼な空気を肌に感じるような一本です。
しなやかな酒質で、清楚な女性を彷彿とさせます。

太平山生もと純米神月img2_550


著作者:ミック

■概要
産地:秋田県潟上市/小玉醸造株式会社
酒米:美山錦100%
アルコール:15度
精米歩合:59%
酵母:協会1701号
仕込み水:白神山地の伏流水(超軟水)
※スローフードジャパン燗酒コンテスト2015 最高金賞受賞


創業は明治12年(1879年)で、小玉久米之助が醤油・味噌の醸造を手がけたことから始まる。
明治40年には事業形態を会社組織に改組し、翌41年には秋田支店を設置するなど、秋田を代表する醤油・味噌醸造元として不動の地位を確立する。
その一方で、大正2年(1913年)からは酒造業にも着手し、地域で知名度のある名峰に由来する「太平山」ブランドの酒を発売した。
太平山は、全国新酒鑑評会など数々の鑑評会で金賞を受賞すると共に、平成五年には全国・東北・秋田と揃ってトップとなる三冠を達成する。
手間暇のかかる生もとや吟醸を主力としたこだわりの酒造りを続ける蔵元として知られている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

しぼりたて山廃 純米生原酒 720ml 香住鶴(2016年 冬)
【2016年12月22日】

しぼりたて山廃純米生原酒_450
しぼりたて山廃純米生原酒2_450


■テイスティングコメント
穏やかだが、しっかりと吟醸香が香る。
口に含むと、まず山廃と兵庫北錦由来の豊かな酸味が広がる。
その後、バナナジュースのようなフルーティーな甘味が喉を通る。
苦味を伴うミネラル感と、米の旨味、コクが混ざり合い、舌上の余韻を彩る。
生原酒ならではのフレッシュな味わい。
冬季限定酒。
 
■概要
産地:兵庫県美方郡香美町/香住鶴株式会社
酒米:兵庫北錦100%(兵庫県産)
アルコール:18度
精米歩合:63%
仕込み水:兵庫県最高峰(1510m)、氷ノ山を源とし日本海に流れ込む清流矢田川と、その矢田川の支流である幸谷川の地下50mより汲み上げた伏流水(軟水)


創業は享保10年(西暦1725年)で、香住鶴は、当時遠く京を離れた応擧と門下生達の心を慰めた酒であると言われている。
大戦後、灘ブランド志向により苦労するも、品質重視の経営方針を継続し、昭和50年代から販売数量が増加する。
他とは一線を画す酒を目指して、昭和42年より「山廃仕込」にこだわり普通酒にも採用、平成11酒造年度より更に「生酛造り」を復活させ、平成23酒造年度より全ての仕込みで「山廃」又は「生酛」を採用する。
原料米は全て酒造好適米(山田錦、五百万石、兵庫北錦)を使用し、常に高品質な酒造りを目指している。


★兵庫北錦とは
「なだひかり」と「五百万石」 を掛け合わせ開発された品種で、兵庫県の北部でしか作られていない。
軟質米で、ふくらみのある酸味を有する酒ができる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

夏生 純米吟醸 720ml 人気酒造 (2017年4月)
【2017年6月19日】

夏生純米吟醸_550
夏生純米吟醸2_550

■テイスティングコメント
外観は淡いイエロー。
熟したメロン、バナナ、洋ナシ、キウイ等の華やかなフルーツ香が香る。
口に含むと、ふくよかで丸みのある米の旨味を感じる。
ジューシーな果実味が広がり、苦味を伴うミネラル感が心地良い切れ味を演出する。


夏の空気が竹林で冷やされ、爽やかな風になる。
そのように涼しげな印象です。
正に夏に飲みたい生酒です。


夏生純米吟醸img2_550

■概要
産地:福島/人気酒造
アルコール度:16度
精米歩合:60%
日本酒度:-2(予定)
酸度:1.7(予定)
仕込み水:安達太良山雪解け水(軟水)


1897年創業、企業理念は下記の通り。
「東北、福島発の焼酎・日本酒文化を継承、発展させ、独自の飲酒スタイルを確立することにより、豊かなお客様の飲酒生活を提案し、実現する企業である。」
銘柄の由来は、"人が気を込めて醸す"、やるからには一番を目指そうと言うことで、「一」を加え、『人気一』となった。


★手造りでしか造りません。
★吟醸しか造りません。
★伝統的な製法と道具にこだわります。
★すべて瓶貯蔵で品質管理。
上記を信念に、高品質の酒を日々世に送り出している。


仕事の関係上、蔵元の方とお会いする機会がありますが、志が高く真に酒を愛されております。
私が日本酒を好きになったきっかけとなった酒は、人気酒造の一本でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ