一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:生酒

20180908_人気酒造秋上り
人気一 秋のしぼりたて 純米吟醸 生酒
(2018年9月瓶詰)

淡いグリーンイエロー。
仄かに、バナナや甘栗の香り。
豊かなコクとミネラル感、味わいはフレッシュ。
生酒だがしつこくない、キレのある味わい。
ペタペタしてない爽やかな秋空のような酒。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸 生酒 720ml 齋彌酒造店
【2017年1月9日】

雪の茅舎秘伝山廃純米吟醸生酒_450

■テイスティングコメント
グラスに注ぐと、グレープフルーツなどの柑橘系のアロマが華やかに香る。
口に含むと、生酒ならではの豊かな米のコクと旨味が押し寄せ、それを山廃由来のミネラリーな酸が分断する。
この酸味の性質で余韻が甘くなりすぎず、半甘で爽やかな喉越しを実現している。
山廃にしては、非常に透明感のある綺麗な酒質であり、抜栓してから三日ほど経過すると、穏やかな印象に変化する。
 
■概要
産地:秋田県由利本荘市/齋彌酒造店
酒米:秋田酒こまちなど
アルコール:16度
精米歩合:55%
仕込み水:蔵内の湧水


齋藤彌太郎が、明治35年(1902年)に創業した。
当時のまま残る住宅、店舗、蔵など11棟が国の登録有形文化財に登録されている。
20年以上前から酵母の自家培養に取り組み、選抜した酵母で独自の香味を生み出し、安定した酒質を醸している。
その際には、異なる種類の酵母が混じらないよう、「もと」と「もろみ」の管理には細心の注意を払う。
「山廃」にこだわり、下記の三点を重要視している。
 
★三無い造り
【櫂入れをしない】
 酵母の働きにまかせて、長い時間をかけてじっくり醸された酒には、まろやかで豊かな風味があります。
【濾過をしない】
 厳選した原料米をゆっくりと半分ほどまで磨き、醸して搾られた酒は、そのまま加工されることなく蔵出しされます。
【割り水しない】
 搾った酒は、水を加えられることもなく、醸された旨み成分がそのまま盃に注がれます。


★のぼり蔵とは
酒蔵は傾斜地に建てられ、高低差が約6メートルある一番上の精米所に米が運ばれ、酒造りが始まる。
敷地内で湧き出す伏流水で仕込まれ、工程が進むにつれて下に移動していく。
登っていった米が日本酒となって下に下ってくる仕組みだ。


秋田県由利本荘市は秋田県の西南部に位置し、秀麗秋田富士・鳥海山麓にひろがる山と川と海のある街で、西は日本海に面し、中心を子吉川が流れている。
流域には「江戸で関とる」と言われた本荘米を産する肥沃な子吉平野が広がっており、気候風土も酒造りに適している。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

夏生 純米吟醸 720ml 人気酒造 (2017年4月)
【2017年6月19日】

夏生純米吟醸_550
夏生純米吟醸2_550

■テイスティングコメント
外観は淡いイエロー。
熟したメロン、バナナ、洋ナシ、キウイ等の華やかなフルーツ香が香る。
口に含むと、ふくよかで丸みのある米の旨味を感じる。
ジューシーな果実味が広がり、苦味を伴うミネラル感が心地良い切れ味を演出する。


夏の空気が竹林で冷やされ、爽やかな風になる。
そのように涼しげな印象です。
正に夏に飲みたい生酒です。


夏生純米吟醸img2_550

■概要
産地:福島/人気酒造
アルコール度:16度
精米歩合:60%
日本酒度:-2(予定)
酸度:1.7(予定)
仕込み水:安達太良山雪解け水(軟水)


1897年創業、企業理念は下記の通り。
「東北、福島発の焼酎・日本酒文化を継承、発展させ、独自の飲酒スタイルを確立することにより、豊かなお客様の飲酒生活を提案し、実現する企業である。」
銘柄の由来は、"人が気を込めて醸す"、やるからには一番を目指そうと言うことで、「一」を加え、『人気一』となった。


★手造りでしか造りません。
★吟醸しか造りません。
★伝統的な製法と道具にこだわります。
★すべて瓶貯蔵で品質管理。
上記を信念に、高品質の酒を日々世に送り出している。


仕事の関係上、蔵元の方とお会いする機会がありますが、志が高く真に酒を愛されております。
私が日本酒を好きになったきっかけとなった酒は、人気酒造の一本でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ