一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:原酒

燦然 藍ラベル 純米 「雄町」 生原酒 720ml  (2017年4月)
【2017年4月27日】

燦然純米雄町生原酒_550
燦然純米雄町生原酒2_550

■テイスティングコメント
外観は淡いイエロー。
マスクメロンや、バナナ等のフルーツ香、バターのような乳製品の香りと米の香りも混ざる。
口に含むと、濃厚でフレッシュなメロンジュースのようにジューシーな飲み口。
溢れそうなばかりの甘味(旨味)を感じながら、アクセント程度の要素である苦味がフィニッシュを引き締める。
このミネラル感は果実の種子に感じるタンニンのような印象で、甘味、酸味、苦味のバランスが良い。


5日経つと、パワフルだった果実味がまろやかになります。
まるで豊作の果樹園そのもののような一本です。

 燦然純米雄町生原酒img_550

著作者:kanenas.net


■概要
産地:岡山/菊池酒造
酒米:岡山県産雄町100%(一部の酒に無農薬・無肥料の自然栽培米使用)
アルコール:19度
精米歩合:65%
酵母:協会9号等
酒母:速醸
仕込み水:高梁川流域の水(軟水)


明治11年に創業された菊池酒造は、備中玉島港町(現岡山県倉敷市玉島)として繁栄した昔の問屋街の一角にある。
数多ある酒の中で一段と輝く素晴らしい酒を造りたいという信念から、酒銘を「燦然」(さんぜん)と名付ける。
酒造りの期間は、蔵ではモーツァルトの音楽が流れ、山田錦や雄町、朝日、アケボノといった酒米を使い、優れた水質である高梁川流域の水と、各品評会で常に高い評価を受ける備中杜氏の技術をもって、伝統を守った酒造りを行っている。
特定名称酒の売上比率が90%以上、(大)吟醸・純米(大)吟醸の比率も50%以上と、比較的高価な清酒の比率が高い。
更に近年では、貯蔵設備の整備、火入れ装置の高度化、最新の洗米機・キャッパーなどの導入を行い、品質を高めるための設備投資も積極的に行っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

寒梅 本醸造無濾過生原酒 720ml(2016年11月)
【2017年4月17日】

寒梅本醸造無濾過生原酒2_550

■テイスティングコメント
透明感はあるが、ややイエローに見える。
熟したマスクメロンや貴腐ワインの香りなど、華やかなフルーツ香が溢れる。
口に含むと、メロンにかぶりついたようなジューシーな果実味(旨味)。
追随するのは、滑らかな口当たりと、まろやかなコク。
丸みを帯びた骨格を感じ、一本通ったミネラリーな余韻へと続く。

酒名のイメージ通り、咲き誇った梅のように華やかな良い酒です。


寒梅本醸造無濾過生原酒img2_550

■概要
産地:埼玉/寒梅酒造
酒米:五百万石100%
精米歩合:65%
日本酒度:±0
酸度:1.4
仕込み水:甘棠院の井戸水(中軟水)


創業は江戸後期の文政4年(1821年)、武蔵の国、久喜で鈴木平兵衛が酒造りを開始。
久喜は関東平野のほぼ中心に位置し、米などの農作物に恵まれており、名刹甘棠院の裏山より、酒造りに適した仕込み水にも不自由しなかった。
鈴木家の出身は近江商人、日本三大商人の一つであり、現社長は七代目である。


寒梅の由来は蔵元サイトから抜粋。


★清酒「寒梅」の由来
漢詩の一説『魁春開雪中』(ハルニサキガケテセッチュウニヒラク)より。
雪中に咲く寒梅は万花の魁(サキガケ)をなすもので先取りであり先駆者である。
また、毅然として清楚、意志が強く忍耐強い気品に満ちた花・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

菊水 ふなぐち一番しぼり 缶 200ml
【2017年3月28日】

ふなぐち一番しぼり_550

ふなぐち一番しぼり2_550

■テイスティングコメント
外観は微かに黄色がかっている。
吟醸香は控えめだが、口に含むと、華やかなマスクメロンのアロマが鼻腔を抜ける。
口中に豊かなコク、酸味、ミネラル感が広がり、がっつりと米の旨味(甘味)が追随する。
生原酒ならではの若々しさ、凝縮感があり、余韻は長い。

そのパワー(コク)から、200ml缶には収まりきらないスケール感があります。
湧き出る海のような印象です。


ふなぐち一番しぼりimg2_550

■概要
産地:新潟/菊水酒造
酒米 :うるち米
精米歩合:70%
日本酒度:-3
酸度:1.8
アルコール度数:19%
仕込み水:加治川の伏流水(軟水)

1972年11月、日本初の生原酒缶として商品化に成功し、生酒ブームの火付け役となった画期的な商品です。
生酒は紫外線を嫌う性質なので、瓶ではなく、敢えて遮光性に優れたアルミ缶を採用しており、本来酒蔵でしか飲めなかった、酒そのものの味が楽しめます。

私は生酒を好んで飲みますが、毎回飲むには少々割高です。
しかし、安価な水のような純米酒は飲む気にもなれませんでした。
そのような時に、ふと手に取ったのが、こちらのふなぐち一番しぼりでした。
勿論、事前にネットで情報収集し、気になっていたこともありますが、飲んで驚きました。
仕事とは関係なく普段飲みなら、これで充分だと思えるほどの品質でした。
アルコールも19度と高いので、200mlでもボリュームがあり、一缶で満足できます。
まだ飲んだことのない方は、是非お試しください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ