一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:ローヌ

20180905_ペイ・ドック ルージュ シャプティエ
ペイ・ドック ルージュ M.シャプティエ

完熟したブルーベリーのアロマとナツメグやシナモンのスパイス感。
豊かな果実味と適度に収斂性のあるタンニン、チャーミングな酸味。
シンプルでも美味しい。
1,000円前後にしては、良い。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コート・ロティ・ラ・セレン・ノワール 2003年 ドメーヌ・マチルド・エ・イヴ・ガングロフ
Cote Rotie La Sereine Noire 2003 Domaine Mathilde et Yves Gangloff
【2017年10月26日】

Cote Rotie La Sereine Noire 2003_エチケット_550
Cote Rotie La Sereine Noire 2003_エチケット2_550
Cote Rotie La Sereine Noire 2003_550

【外観】
深い色合いの青紫で、グラスの底はくすんで見えない。


【香り】
果実香は殆ど感じず、トリュフ、ドライイチジク、コンポートされた果実の皮のような熟成のニュアンスが強い。


【味わい】
口に含むと、エレガントな酸味が広がり、収斂性のある強いタンニンへと繋がるが、香りでも述べたコンポートに由来するプルーンのような凝縮された甘味が余韻を彩る。


【イメージ】
ゴツゴツとした岩肌や勤勉な生産者の日常(テロワール)が透けて見えそうな隙の無い一本。
無骨な液体の中に、ちょっとした艶が見え隠れしています。

Cote-Rotie-La-Sereine-Noire-2003img3_550


■概要
ガングロフは評論家には左右されない生産者と言われ、雑誌や評論家のインタビューを嫌い、マスコミに登場することもあまりないと言う。
山奥で葡萄と向かい合い、ワインと対話しながら、ワイン醸造の日々を送っている。
日本の侍を彷彿とさせる彼が一躍有名になったきっかけは、2000年にジャンシス・ロビンソンが携わる「オックスフォード・コンパニオン・トゥ・ワイン」で、「最も将来有望な28人」の1人に選ばれたことである。
そのただ一度の登場で、翌年の2001年以来、予約しなくては買えないカルトワインとなった。
急勾配の丘陵に広がる畑でオーガニック栽培を行い、全てを手作業でこなす。
ステンレスタンクで発酵、新樽、古い小樽を用いて熟成し、ワインの澱引きはなく、酸化防止剤も最低限しか使用しない。
コート・ロティに3ha、コンドリューに2.5ha、サン・ジョセフに2.4haを所有する小規模なドメーヌで、ワインの生産量は僅か30樽弱で日本への入荷は数ケースのみである。
コンドリューにつていはその一部をローヌの名門ギガルに卸しているそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Saint Joseph Blanc 2010 Domaine Mathilde et Yves Gangloff
サン・ジョセフ ブラン 2010年 ドメーヌ・マチルド・エ・イヴ・ガングロフ
【2017年10月26日】
Saint Joseph Blanc 2010_エチケット_550
Saint Joseph Blanc 2010_エチケット2_550
Saint Joseph Blanc 2010_550


■テイスティングコメント
【外観】
深みのある濃いイエロー。
表面には艶が見える。


【香り】
微かに柑橘系のアロマは感じるが、栗の皮のような香ばしいアロマの方が表面に出ている。
ヴィンテージほどの熟成感は表れていない。


【味わい】
口に含むと、エレガントで伸びやかなミネラル感が広がる。
壊れてしまいそうなほどの繊細な造り(骨格)ながら、凝縮感があり、余韻は細く長い。
ミネラルウォーターのように雑味が無く、嫌味もない純粋な味わい。


【イメージ】
熟成感と新鮮さがグラスの中で溶け合っている。
永遠にピュアなワイン。
Saint-Joseph-Blanc-2010img2_550


■概要
ガングロフは評論家には左右されない生産者と言われ、雑誌や評論家のインタビューを嫌い、マスコミに登場することもあまりないと言う。
山奥で葡萄と向かい合い、ワインと対話しながら、ワイン醸造の日々を送っている。
日本の侍を彷彿とさせる彼が一躍有名になったきっかけは、2000年にジャンシス・ロビンソンが携わる「オックスフォード・コンパニオン・トゥ・ワイン」で、「最も将来有望な28人」の1人に選ばれたことである。
そのただ一度の登場で、翌年の2001年以来、予約しなくては買えないカルトワインとなった。
急勾配の丘陵に広がる畑でオーガニック栽培を行い、全てを手作業でこなす。
ステンレスタンクで発酵、新樽、古い小樽を用いて熟成し、ワインの澱引きはなく、酸化防止剤も最低限しか使用しない。
コート・ロティに3ha、コンドリューに2.5ha、サン・ジョセフに2.4haを所有する小規模なドメーヌで、ワインの生産量は僅か30樽弱で日本への入荷は数ケースのみである。
コンドリューにつていはその一部をローヌの名門ギガルに卸しているそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ