一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:リースリング

Brauneberger Juffer-Sonnenuhr Riesling Spaetlese Goldkapsel 1991
Weingut Fritz Haag
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウアー リースリング シュペートレーゼ ゴールドカプセル 1991年 競売会ボトル
フリッツ・ハーク
【2014年10月21日】

フリッツ・ハーク1991_500

■テイスティングコメント
【外観】
グラスに注ぐと、僅かに気泡が見える。
外観は淡く透明感のあるハニー色。
表面に艶があり、品質の良さを物語っている。


【香り】
黄色い花を思わせる可憐で華やかなアロマが香る。
リースリング特有のペトロールは自己主張せず弱い。


【味わい】
口に含むと、感じるのはみずみずしい酸味で、この特徴はヴィンテージ由来のもの。
1991年はヨーロッパ全域で天気は芳しくなく、そこまで評価される年ではない。
しかし、そのみずみずしさがワインのフレッシュ感に繋がり、全体的に軽やかな印象を与えている。
意図的か偶発的か分からないが、前者であるなら秀逸な生産者である事を証明している。

エゴンを彷彿とさせるバランスの良さ、優しい甘味と酸味が見事に同調している。
その性質には酸の柔らかさが重要で、樽も一役買っているように思える。


【イメージ】
イメージするのはオーストリアとの国境、グライナウ村の短い夏。
涼やかな風に乗って仄かに香る可憐な花の存在。
白い服を着た女性が佇み、微笑んでいるようなワイン。


Wiltinger Braune Kupp Le Gallais Egon Mu"ller Mosel-Saar-Ruwer Auslese 1999
エゴンのブラウネ・クップと似たイメージを持ちました。

フリッツ・ハーク1991img_500

■概要
葡萄品種:リースリング


フリッツ・ハークの創設は1605年。
ブラウネベルクの急斜面に畑を持ち、エゴン、プリュムと同格とされる実力者。
収穫は全て手摘み、天然酵母を用い、ステンレスだけではなく樽も使う。

ユッファー・ゾンネンウアーとは乙女の日時計を意味する畑名であり、実際に日時計は存在する。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Schoenenbourg Grand Cru 2000 Marcel Deiss
シェネンブルグ グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス
【2014年9月4日】

シェネンブルグ_500

■テイスティングコメント
【外観】
ハチミツを思わせる黄金色。


【香り】
気品を感じさせるぺトロール(重油香)。
微かに香りにピリッとくるニュアンス(ジンジャー)は、硫黄分に由来する。


【味わい】
口に含むと、みずみずしく広がりのある酸味。
斜面下部で収穫された葡萄が多いイメージ。


【イメージ】
その香り高さとみずみずしさから、天空の湖ウユニ塩湖をイメージする。
天空寄りのリースリングであるが、実際は大地寄りのワイン。

ヴィンテージが天空を、土壌が大地をイメージさせたテロワールを体現しているワイン。

大気が薄い山頂、すぐそこが宇宙。
その宙を映す鏡のような湖。
人々が踏み入れられない禁域、神々の聖地。

シェネンブルグimg_500

■概要
リクヴィール村に隣接した南南東向きの斜面。
因みに、当村はフランスの最も美しい村に登録されている。
土壌に硫黄分が多く含まれているのが特徴。
リースリング、ミュスカ、ピノ・グリ、シルヴァネール、シャスラ等の混植。(リースリングが約80%)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Sauvage Riesling 2012 Weingut Georg Breuer
ソヴァージュ・リースリング 2012年 ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月24日】

ソヴァージュ2012_500

■テイスティングコメント
【外観】
グリーンがかったイエロー。


【香り】
爽やかなぺトロールと柑橘系のアロマが溶け合っている。


【味わい】
口に含むと、アタックは収斂性のある酸味、中間に鋭いミネラル感。
フィニッシュはフレッシュで溌剌とした印象を受ける。


【イメージ】
2003年のソヴァージュは、トルコを吹き抜ける潮風を感じました。
海はイメージできましたが、どちらかと言うと天空寄りのリースリングでした。
しかし、2012年のソヴァージュは、2001年のベルク・ロットランドの世界観を感じました。
先代の信念を継いでいる証でしょうか。
多少、華が見えるのは、女性が造りだす世界なのかもしれません。


飲んで彷彿とさせるのは、地底湖の底で輝く水晶。
遥か上から射す光を、受け止め鈍く反射している。
父に磨かれた原石は輝いている。
想いを受け止め、それを再現することを強く思う。
水晶は器、光は信念、反射は証。

水晶自身が光を放つ時は来るのだろうか。
その時が来れば、ドイツにも一筋の光が射すだろう。

ソヴァージュ2012img_500

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ