一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:ラインガウ

Spatburgunder B 2002 Weingut Georg Breuer
シュペートブルグンダー B 2002年 ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月27日】

B2002_500

■テイスティングコメント
【外観】
明るく深みのあるルビー色。


【香り】
第一アロマは、ほぼ感じず、第三アロマが表だって出ている。
香るのは干しいちじく、プルーン、ドライフルーツの香り。
なめし皮(皮のソファーっぽい)の要素もあり、樽由来のバニラ香が綺麗に重なる。


【味わい】
口に含むと、雑木林の腐葉土のような土の香りが鼻を抜ける。
まだ硬く、ゴツゴツしたタンニン(苦味)を感じる。


【イメージ】
色彩は秋の雑木林で、朽ち果てそうな巨木。
そうでありながら尚、人より残りの寿命が途轍もなく永い。

このワインは確かな存在感と、儚さを併せ持ちます。

どこかアカデミックな雰囲気で、イメージするのは、かの有名なフィンセント・ファン・ゴッホ。
37歳でこの世を去り、死後その才能が認められる。
彼は死して永遠の評価を得、何世紀先もそれは変わらないだろう。

生前に売れた絵はたった一枚。

【赤い葡萄畑】。

情景よりは、何となく"色彩"がイメージを呼んだ。
ゴッホは何か特別なものが見えていたのかもしれない。


ピノ・ノワールはあまりポジティブな品種ではない気がする。
そう考えると、ゴッホとピノが持つ属性は似ているのだろうか。

B2002img_500

■概要
白ワインの名手、ゲオルグ・ブロイヤー醸造所が造る赤ワイン。
"B"の称号は「Bergterrassen(急斜面)」のBをとったもの。
最も急斜面で良質な畑から収穫したブドウを使用。
新樽100%使用で、ボリューム感(存在感)が物凄い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Sauvage Riesling 2012 Weingut Georg Breuer
ソヴァージュ・リースリング 2012年 ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月24日】

ソヴァージュ2012_500

■テイスティングコメント
【外観】
グリーンがかったイエロー。


【香り】
爽やかなぺトロールと柑橘系のアロマが溶け合っている。


【味わい】
口に含むと、アタックは収斂性のある酸味、中間に鋭いミネラル感。
フィニッシュはフレッシュで溌剌とした印象を受ける。


【イメージ】
2003年のソヴァージュは、トルコを吹き抜ける潮風を感じました。
海はイメージできましたが、どちらかと言うと天空寄りのリースリングでした。
しかし、2012年のソヴァージュは、2001年のベルク・ロットランドの世界観を感じました。
先代の信念を継いでいる証でしょうか。
多少、華が見えるのは、女性が造りだす世界なのかもしれません。


飲んで彷彿とさせるのは、地底湖の底で輝く水晶。
遥か上から射す光を、受け止め鈍く反射している。
父に磨かれた原石は輝いている。
想いを受け止め、それを再現することを強く思う。
水晶は器、光は信念、反射は証。

水晶自身が光を放つ時は来るのだろうか。
その時が来れば、ドイツにも一筋の光が射すだろう。

ソヴァージュ2012img_500

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Rudesheim Berg Rottland Riesling Grand Cru 2001
Weingut Georg Breuer
リュデスハイム ベルク・ロットランド リースリング グラン・クリュ 2001年
ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月24日】

ロットランド2001_500

■テイスティングコメント
【外観】
透明感と艶があるイエロー。


【香り】
熟した柑橘系のアロマ。
ソヴァージュは柚子でしたが、ロットランドは蜜柑。
焼いたトーストの香ばしい香り、バター(人によってはクリームブリュレ笑)のニュアンスもあり。


【味わい】
奥深く力強い辛口。
鉱物のようなミネラルと酸味が口中に広がる。


【イメージ】
圧倒的に"大地"のリースリング。
その属性を通して、巨木の根が見える。


過去に飲んだリュデスタイム・ビショフスベルグ・BA 1993年も大地と巨木のイメージでした。
悠久の時を感じさせる世界樹でしたが、こちらも似ています。
しかし、こちらは木より大地、鉱石のイメージが強いです。


植物は地中に根を伸ばす。
地中深く鉱石とともに静かに存在する自然霊グノーム。
彼らは鉱石と岩石を通じ、大地の記憶を集め、植物を通してそれを運ぶ。
遥かなる大地の記憶。
人類より永くそこにあり続ける。


どこか幻想的なこのワインは、口に含むと大地そのものを飲んでいるようです。
葡萄により地中深くの養分を吸い上げられ造られるワインの性質上、あながち幻想とも言い切れないかもしれません。
大地の力を集約したようなポテンシャルはグラン・クリュの所以でしょうか。

飲み頃は、まだ10年弱先かもしれません。

ロットランド2001img_500

■概要
ベルク・ロットランドは特級の中でも華やかと評される、ラインガウの恩恵を限りなく受ける最高の区画。
2001年はテレーザ女史ではなく、貴重な先代ベルンハルト氏のワイン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ