一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:ピノノワール

Mambourg Grand Cru 2000 Marcel Deiss
マンブール グラン・クリュ 2000年 マルセル・ダイス
【2014年9月4日】

マンブール・グランクリュ_500

■テイスティングコメント
【外観】
褐色がかった黄金色。


【香り】
海苔の佃煮を彷彿とさせるヨード的ニュアンス。
焙じ茶(ドライハーブ)のようは香ばしい香りと、べっ甲飴のように甘い香りもある。


【味わい】
口に含むと、華やかなアロマとは裏腹に結構ドライ。
干し草のようなドライハーブのニュアンスもある。
栗のような香ばしさも広がり、非常に複雑味のある味わい。
複雑ながら、重心がどっしりとしている。


【イメージ】
香り高いが重心は低いので、これは天空ではなく大地のワイン。
修道院の庭から空を見上げているよう。
空想するのは果てない草原(スケール感)、空(自由)への憧れ。
憧れとは"愛"。

このワインは愛に満ちたワイン。

マンブール・グランクリュimg_370

■概要
PG、PN、PM、PB、PBeuの混植混醸。
混植混醸とは『ゲミシュターサッツ』とも呼ばれ、複数の品種を同時に収穫、同時に醸造する方法。
品種の個性より、テロワールが表現されると言われる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Spaetburgunder Weisherbst Qualitaetswein 2006
Weingut Meyer-Nakel
シュペートブルグンダー・ヴァイスヘルプスト 2006年
マイヤー・ネーケル
【2014年9月1日】

マイヤー・ネーケル_500

■テイスティングコメント
【外観】
明るく透明感のある淡い茜色。


【香り】
甘酸っぱいイチゴのアロマが鼻腔をくすぐる。
控えめで、それでいて繊細な香りがグラスからこぼれる。


【味わい】
伸びやかなミネラルが、ワインをフレッシュに保っている。
酸味とミネラル由来のコクがワインの骨格を形成している。


【イメージ】
外観と香りから、儚げでセピア色のような印象を受けます。
豊かなミネラル感が鉄と錆を彷彿とさせるので、例えるなら夕方の教会のような印象。

外は夕焼けで教会の中は薄暗く、錆びた鉄の香り、湿った土の香りが立ち昇り、空気はひんやりしている。
ステンドグラスから、淡く蒼い光が漏れており、厳かで涼やか、途方もない時間を感じる。

イメージは、ゴシック建築のケルン大聖堂。

"綺麗"は時間とともに劣化していくが、"美しい"は時間の経過とともに洗練されていくもの。

今を見て、昔を空想して思わず当時を見たくなるような、切なくなる感じです。

今(フレッシュ感)と昔(熟成感)が見事に一つになっているバランスの良いロゼワイン。

マイヤー・ネーケルimg_500

■概要
ヨーロッパワイン産地の北限、アール地方の著名な醸造所。
ドイツのバリック醸造の先駆者であり、赤ワインの名手。
ヴァイスヘルプストとは特定地域、単一品種使用、QbA以上で造られるロゼワイン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Spatburgunder B 2002 Weingut Georg Breuer
シュペートブルグンダー B 2002年 ゲオルグ・ブロイヤー
【2014年8月27日】

B2002_500

■テイスティングコメント
【外観】
明るく深みのあるルビー色。


【香り】
第一アロマは、ほぼ感じず、第三アロマが表だって出ている。
香るのは干しいちじく、プルーン、ドライフルーツの香り。
なめし皮(皮のソファーっぽい)の要素もあり、樽由来のバニラ香が綺麗に重なる。


【味わい】
口に含むと、雑木林の腐葉土のような土の香りが鼻を抜ける。
まだ硬く、ゴツゴツしたタンニン(苦味)を感じる。


【イメージ】
色彩は秋の雑木林で、朽ち果てそうな巨木。
そうでありながら尚、人より残りの寿命が途轍もなく永い。

このワインは確かな存在感と、儚さを併せ持ちます。

どこかアカデミックな雰囲気で、イメージするのは、かの有名なフィンセント・ファン・ゴッホ。
37歳でこの世を去り、死後その才能が認められる。
彼は死して永遠の評価を得、何世紀先もそれは変わらないだろう。

生前に売れた絵はたった一枚。

【赤い葡萄畑】。

情景よりは、何となく"色彩"がイメージを呼んだ。
ゴッホは何か特別なものが見えていたのかもしれない。


ピノ・ノワールはあまりポジティブな品種ではない気がする。
そう考えると、ゴッホとピノが持つ属性は似ているのだろうか。

B2002img_500

■概要
白ワインの名手、ゲオルグ・ブロイヤー醸造所が造る赤ワイン。
"B"の称号は「Bergterrassen(急斜面)」のBをとったもの。
最も急斜面で良質な畑から収穫したブドウを使用。
新樽100%使用で、ボリューム感(存在感)が物凄い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ