Rosso del Contadino No.10 2012 Magnum Frank Cornelissen
ロッソ・デル・コンタディーノ No.10 2012年 マグナム フランク・コーネリッセン
【2014年9月13日】

コンタディーノ_500

■テイスティングコメント
【外観】
くすんだガーネット色。
グラスを伝うワインの涙の粘度は高い。


【香り】
華やかなブルーベリーのアロマに、シナモンのようなスパイス香が加わる。
バックにドライハーブのニュアンスもある。


【味わい】
溌剌とした酸味とゴツゴツした渋味があり、荒々しい。
ビオワインによく表れるナッツのような香ばしさを強く感じる。
とても熱(火山)を感じるワイン。

開けて一週間経っても、まだまだ元気です。


【イメージ】
感じるのは、熱、ゴツゴツした鉱石、溶岩等のマテリアルのような要素。
しかし焼き尽くすだけではなく、その遥か先に生命の躍動が感じられる。
大地由来のワインのようであるが、その根源は宇宙ではないかと思わせるほどのパワーを感じる。
生命起源論、パンスペルミア説が思い浮かぶワイン。

コンタディーノimg_500


【2014年5月23日】
コンタディーノ20140523

■テイスティングコメント
外観の成熟感はグルナッシュに似ていたのですが、飲んでみるとしっかりとタンニンがあります。
第二アロマが前へ出ていたので、前ヴィンテージとは違った印象でした。
前の年はもっとゴツゴツしていて煮えたぎったマグマのようでしたが、今回は綺麗に落ち着いていました。
それでも、やはりクレイジーな造りは健在で、楽しくいただきました。


暑い夏の日、夕立の後でも涼しくならない。
そんな中、黄昏時の道を歩いていく、そんなイメージです。

コンタディーノimg3_550


■概要
葡萄品種:ネレッロマスカレーゼ主体(サンジョヴェーゼ、ミネッラネーラ、カリカンテ、ミネッラビアンカ、カタラット、グレカニコドラート)

元エージェントのフランク・コーネリッセンが、2001年よりエトナ山麓でワインを造り始める。
No.10(2012年)は、No.9(2011年)より、火山的だと言われている。


無肥料栽培、不耗起、無除草剤、更にボルドー液も使用しない徹底された無農薬主義。
その為、葡萄は力強く育ち凝縮されていく。
二酸化硫黄は無添加でノンフィルター。
樽香も人的関与と捉えて、テラコッタの壺(アンフォラ)を醗酵、熟成に使用している。
ここまで徹底して人的関与を極限まで廃し、テロワールそのもののワインを造りだす。