一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:サンソー

Boekenhoutskloof Chocolate Block 2013
ブーケンハーツクルーフ チョコレートブロック 2013年
【2017年10月26日】

The Chocolate Block 2013_エチケット_550
The Chocolate Block 2013_エチケット2_550
The Chocolate Block 2013_550

【外観】
深い青紫色を呈し、グラスを伝う涙の粘度は高い。

【香り】
スワリングすると、熟したブルーベリーやカシスのアロマが華やかに立つ。
それらのニュアンスが消える頃に、ハーブ等の青い香りや、シナモンの香りが追随してくる。

【味わい】
口に含むと、収斂性のある力強いタンニンと、豊かな酸味が押し寄せるが、一本通ったミネラル感がその要素をバランスよくまとめている。
まろやかな甘味を経由し、フィニッシュに心地良い苦味が長く続き、いつまでもその存在感を示している。

【イメージ】
野性味のある華やかなアロマから、野ばらに咲き誇るピンクッションのようなイメージです。
※画像はピンクッションではありません。
The-Chocolate-Block-2013img2_550


■概要
1776年設立され、フランシュック地区で最古で最も評価の高いワイナリーだ。
ワイナリーの名前は、「土着のブナの木」を意味する。
エチケットには、この木で作られたケープ・オランダ様式の7つの椅子が描かれている。
ブーケンハーツクルーフ社は過去に、ロバートパーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド(米国)、ワインレポート(欧州)の両方で南アフリカNo1ワイナリーに選ばれている。


産地:南アフリカ/コースタルリージョン
タイプ:赤/重口
葡萄品種:シラー71%/カベルネ・ソーヴィニヨン12%/グルナッシュノワール11%/サンソー5%/ヴィオニエ1%

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

COTEAUX DU LANGUEDOC ROSE 2011 MAS JULLIEN
コトー・デュ・ラングドック ロゼ 2011年 マス・ジュリアン
【2014年8月5日】


コトー・デュ・ラングドック・ロゼ_500

■テイスティングコメント
【外観】
透明感のあるサーモンピンク。
夕暮れ前の空のような印象。


【香り】
スワリングすると、グラスから芳醇な果実香が立ち上る。
柑橘系のアロマが心地よく香る。


【味わい】
サクランボのようなピュアな酸味と、種をかじってしまった時のジーンとくる優しい渋味。
嫌みなく身体に染み渡る透明感。


【イメージ】
郷愁誘う茜色。
どこまでも夏色のワイン。


イメージするのは、それほど大きくない田舎町の神社。
夏祭りの花火大会が終わる頃合いのザワザワした感じ。
湿気を含む暖かい風が吹き、足元の腐葉土から立ち昇った熱気が、宵闇の冷気とともに流されていく。

祭りの喧騒は残りつつも、特に期待することは起こらなかった、ちょっと残念な雰囲気。
浴衣姿でクラスメイトと雑談して帰る田んぼの土手。
仲間とワイワイ飲んで、楽しく話す、そんなワインでした。

コトー・デュ・ラングドック・ロゼimg_500

■概要
葡萄品種:サンソー、グルナッシュ等

オリヴィエ・ジュリアンは、ラングドック地方モンペリエの北西約50kmに15haの葡萄畑を所有している。
彼の家系はこの地で4世紀にわたってワイン造りに携わってたが、1985年に彼が父の跡を継ぎ、自身で瓶詰め、販売するようになった。
葡萄畑は、40近い区画がカーヴの周囲35km四方に点在しており、石灰岩土壌等、5種類の土壌に、それぞれのテロワールにあった葡萄が栽培されている。
葡萄品種、区画ごと手摘みされ、平均収量は約30hl/haと極めて低く抑えられている。
醸造は基本的にはいくつかの品種が組み合わされて、一つのワインに仕上げられている。
オリヴィエ・ジュリアンは「ワイン造りは葡萄の木の剪定からはじまる」という信念を持ち、マス・ジュリアンでは、丁寧にワイン造りが実践され、ビオディナミの方法も取り入れている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ