一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

タグ:グルナッシュ

Boekenhoutskloof Chocolate Block 2013
ブーケンハーツクルーフ チョコレートブロック 2013年
【2017年10月26日】

The Chocolate Block 2013_エチケット_550
The Chocolate Block 2013_エチケット2_550
The Chocolate Block 2013_550

【外観】
深い青紫色を呈し、グラスを伝う涙の粘度は高い。

【香り】
スワリングすると、熟したブルーベリーやカシスのアロマが華やかに立つ。
それらのニュアンスが消える頃に、ハーブ等の青い香りや、シナモンの香りが追随してくる。

【味わい】
口に含むと、収斂性のある力強いタンニンと、豊かな酸味が押し寄せるが、一本通ったミネラル感がその要素をバランスよくまとめている。
まろやかな甘味を経由し、フィニッシュに心地良い苦味が長く続き、いつまでもその存在感を示している。

【イメージ】
野性味のある華やかなアロマから、野ばらに咲き誇るピンクッションのようなイメージです。
※画像はピンクッションではありません。
The-Chocolate-Block-2013img2_550


■概要
1776年設立され、フランシュック地区で最古で最も評価の高いワイナリーだ。
ワイナリーの名前は、「土着のブナの木」を意味する。
エチケットには、この木で作られたケープ・オランダ様式の7つの椅子が描かれている。
ブーケンハーツクルーフ社は過去に、ロバートパーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド(米国)、ワインレポート(欧州)の両方で南アフリカNo1ワイナリーに選ばれている。


産地:南アフリカ/コースタルリージョン
タイプ:赤/重口
葡萄品種:シラー71%/カベルネ・ソーヴィニヨン12%/グルナッシュノワール11%/サンソー5%/ヴィオニエ1%

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

COTEAUX DU LANGUEDOC LES ETATS D'AME 2010
MAS JULLIEN
コトー・デュ・ラングドック レ・ゼタ・ダーム 2010年
マス・ジュリアン
【2014年8月13日】

マス・ジュリアン2010_500

■テイスティングコメント
【外観】
底が見えない濃いガーネット色。


【香り】
甘くてスパイシーなアロマ。
熟したカシスやブラックベリーの香りを放つ。


【味わい】
口に含むと、ノッペリとした重い果実味が広がる。
凝縮感があり初日では味わいに広がりを見せない。

二日目は初日より贅肉が落ちた印象。
香りや味わいが華やかに、まろやかになった。


【イメージ】
一日目のイメージは、真夏の炎天下の校庭。
乾きと重い果実味からそのような印象を受けました。

二日目のイメージは、炎天下ではなく、夕焼け。
イメージは、田舎の農村に香るブーケガルニ。

一生懸命、炎天下で畑仕事して、疲れ切って汗だくの身体。
夕日の中、家路につき、家前で煙突から香るシチューの香りが風に乗って鼻をくすぐる。
空腹だったのを思い出して、焦燥感にかられ玄関を開ける。

扉を開けて、フワッと感じる家族の温かさ、心身を癒す家族の笑顔。
そんな温かいワインでした。


マス・ジュリアン2010img_500

前回のマス・ジュリアンのロゼは、夏祭りの神社での恋話でしたが、今回は農夫の日常です。
共通点は夏、時間帯、土臭さ、人のイメージ。
ここのテロワールをイメージ化するとこうなるのかもしれない。


■概要
葡萄品種:シラー、ムールヴェードル、カリニャン、グルナッシュ

オリヴィエ・ジュリアンは、ラングドック地方モンペリエの北西約50kmに15haの葡萄畑を所有しています。
彼の家系はこの地で4世紀にわたってワイン造りに携わってきましたが、1985年に彼が父の跡を継ぎ、自身で瓶詰め、販売するようになりました。
葡萄畑は、40近い区画がカーヴの周囲35km四方に点在しており、石灰岩土壌等、5種類の土壌に、それぞれのテロワールにあった葡萄が栽培されています。
葡萄品種、区画ごと手摘みされ、平均収量は約30hl/haと極めて低く抑えられています。
醸造は基本的にはいくつかの品種が組み合わされて、一つのワインに仕上げられています。
オリヴィエ・ジュリアンは「ワイン造りは葡萄の木の剪定からはじまる」という信念を持ち、マス・ジュリアンでは、丁寧にワイン造りが実践され、ビオディナミの方法も取り入れています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Perrieres Costieres de Nimes 2010 Marc Kreydenweiss
ペリエール・コスティエール・ド・ニーム 2010年 マルク・クライデンヴァイス
【2014年8月11日】

マルク・クライデンヴァイス2010_500

■テイスティングコメント
【外観】
深みのある濃いガーネット色。


【香り】
完熟したワイルドストロベリーのアロマ。
濃すぎず心地よいビオ香が鼻をくすぐる。


【味わい】
カシスのような果実味と適度なタンニン、ミネラル感。
しかし、閉じていたからか伸びがありませんでした。
このワインはまだ子供のようで、数年寝かせて真価を発揮するかもしれません。


【イメージ】
イメージは、放課後の小学校。
夕日が照らす校庭で、遊ぶ子供たち。
明日への希望、夢への渇望。
何気ない日々の繰り返しが大人へと成長させる。
今は不完全でも、たくましく生きていくマテリアル。
成長したこのワインと再会し、そこで初めて物語は完結する。

端的に言えば、どことなく郷愁を感じるワイン。

アルザスの生産者が南仏で、このクオリティで造るのは確固たる実力があるからでしょう。

マルク・クライデンヴァイス2010img_500

■概要
1999年よりアルザスの自然派筆頭のマルク・クライデンヴァイスが南仏で造るワイン。
カリニャン25%(樹齢80年)/シラー25%(樹齢35年)/グルナッシュ25%(樹齢35年)/ムールヴェードル25%。

マルク・クライデンヴァイス(1948年生まれ)は、4世紀にわたってアルザスに居を構える葡萄栽培家であり、1971年にドメーヌを所有、運営を開始した。
ドメーヌは、アンドロー(ストラスブールとコルマーの中間)に位置する。
1989年にビオディナミ農法と出会い、土壌が健康になり、高品質な葡萄を栽培できるようになった。
微気象で土壌学的にも卓越した能力が認められており、葡萄の樹は果実を濃縮させるために短く切られ、完熟した果実を手摘み、低収量で収穫される。
ステンレスタンクで醗酵の後、大樽で熟成。
タンク間の移動は、ポンプを使用せず、自然の落差を利用しワインに余計な負荷をかけないことを心がけている。

現在は、13.5haの自社畑を所有し、マルク氏の息子のアントワーヌ氏が管理、運営をしている。
マルク夫妻はラングドックに移住し、ワイン造りに励んでいる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ