一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

カテゴリ:日本酒 > 新潟

純米吟醸 極上吉乃川 720ml(2017年6月)
【2017年8月14日】

純米吟醸極上吉乃川_550
純米吟醸極上吉乃川2_550
純米吟醸極上吉乃川3_550

■テイスティングコメント
静かに香る吟醸香の中心に、しっかりと米の香りを感じる。
エレガントなミネラル感からスムーズに仄かな甘味に繋がり、芳醇な米の旨味が口中を覆う。
磨きが美しく、雑味は一切ない完璧なバランスで、透明感のある酒質ながら、しっかりと存在感をアピールしてくる。
余韻は10秒以上と非常に長く、フィニッシュ後もいつまでも旨味が残っているような感覚に陥る。


豊穣の女神のような気品と、それによってもたらされる希望、飲んでいて幸せ(笑顔)がこみ上げてきそうな一本です。

純米吟醸極上吉乃川img2_550

■概要
産地:新潟/吉乃川株式会社
酒米:新潟県産米 越淡麗(山田錦×五百万石)
アルコール:15度
日本酒度:+1
酸度:1.6
精米歩合:50%
酵母:自社酵母
酒母:速醸
仕込み水:「天下甘露泉」と呼ばれる信濃川の伏流水(軟水)


吉乃川は戦国の世、天文一七年創業の酒蔵である。
上杉謙信活躍の時代から、伝統を守り、越後の良酒を460年造り続けている。
上質かつ安定した「いつものうまい酒」を造るため、昭和30年代から「大型仕込み」に取り組み、今の地位を確固たるものにする。
長い歴史の中で、常に若い力と新しい発想を取り込む事で進化し、現在も若く新しい力が未来の吉乃川づくりのためにチャレンジを続けている。

純米吟醸極上吉乃川5_550

※この日は鮎の塩焼きと冷やしトマトと共に。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

熟成ふなぐち菊水一番しぼり 缶 200ml
【2017年3月31日】

熟成ふなぐち菊水一番しぼり_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり2_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり3_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり4_550

■テイスティングコメント
外観はしっかりと黄色づいている。
芳醇なバナナ、黄桃、キウイのような香りを放つ。
口に含むと、滑らかだが、豊かな酸とコクが主張してくる。
フレッシュなジュースのように、華やかで、とろみがあると錯覚するほどの旨味を感じる。
フィニッシュは凛としたミネラル感が切れ味を上げている。
濃厚旨口だが、通常のふなぐちと比べると熟成されている分、落ち着きがある。
しかし、熟成酒のような印象は控えめである。


井戸の底で静かに湧き出る清水のような印象です。

熟成ふなぐち菊水一番しぼりimg2_550

■概要
産地:新潟/菊水酒造
アルコール度数:19%
仕込み水:加治川の伏流水(軟水)


菊水は昭和47年(1972年)、生原酒を日本で初めて缶に詰めて商品化し、これまでに2億4000万本もの販売実績がある。
ふなぐち菊水一番しぼり200ml缶のみの総出荷量。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

厳選辛口 吉乃川 缶 180ml
【2017年4月21日】

厳選辛口吉乃川_550

■テイスティングコメント
外観は無色透明。
穏やかな吟醸香は控えめに香る。
口に含むと、引っかかることなく旨味が広がる。
じんわりとミネラルを感じ、余韻はすっと消えていく。
端麗辛口。


夏の青々とした田んぼのような印象です。

厳選辛口吉乃川img2_550

■概要
産地:新潟/吉乃川株式会社
酒米:新潟県産国産米
精米歩合:65%
アルコール:15度
日本酒度:+7
酸度:1.2

出しゃばることなく、日常飲みに最適です。
料理の邪魔をすることなくするすると綺麗な飲み口です。

下の画像はテイスティング時に合わせた手作り料理です。
カツレツ ハーブペッパー。
カツレツ ハーブペッパー_550

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ