一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

カテゴリ: 日本酒

20180909_酔仙酒匠吟醸
酔仙 酒匠吟醸
(2018年5月瓶詰)


グラスではなく、お猪口で頂いた。
穏やかに吟醸香が立ち、口に含むと、豊かなコクとヌカのような米の旨味が広がる。
酔仙には、綺麗な味わいの印象を持っていたが、開けた時期もあり、どっしりとした親父酒のようであった。
精米歩合は50%だが、濃い味わい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

20180827_吉乃川新酒
吉乃川 しぼりたて新酒 吟醸
(2017年11月瓶詰)


8/27抜栓。
仄かに香る吟醸香と、伸びやかな甘味とミネラル感。
アフターに苦味を感じる、やや辛口。
若干、抜けてる感じはあるが、そこまでの劣化は感じない。
去年ならもっとフレッシュであったと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

20180828_ふなぐち薫香
薫香ふなぐち菊水一番しぼり

静かに香る吟醸香と、ノーマル(黄色)のものより豊かでジューシーな飲み口。
苦味と甘味を等しく感じるバランスのよい味わい。
ノーマルより洗練されている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ