Scharzhofberger Riesling Auslese Versteigerungswein 1988 Weingut Egon Mueller
シャルツホフベルガー・リースリング アウスレーゼ 1988年
エゴン・ミュラー
【2017年2月16日】

エゴン5_550

エゴン_550

エゴン4_550

■テイスティングコメント

【外観】
褐色がかった黄金色、べっ甲色を呈す。

【香り】
グラスに注ぐと、完熟したパイナップルや、甘いハチミツのような芳醇なアロマがこぼれる。
べっ甲飴のような濃厚な香りと、微かにジャスミンの香りが混ざり、ぺトロールは弱い。


【味わい】
口に含むと、豊かでコクのある丸みを帯びた酸味が広がる。
溢れ出そうな芳醇な甘味から、気品のあるミネラル感へ繋がり、余韻は長い。


【イメージ】
重心が高いリースリング。
色彩的には黄色で花畑を彷彿とさせる。
時を感じさせる外観とは裏腹に、味わいはフレッシュで純朴。
時間の流れを閉じ込めたような魔法のワイン。


★Scharzhofberger Riesling Kabinett 2005
Egon Muller
★Wiltinger Braune Kupp Le Gallais Auslese 1999
Egon Muller

※過去にこちらのワインを飲んだときも浮かんだ色彩は黄金色でした。
ヴィンテージ由来かもしれません。

エゴンimg2

■概要
エゴン・ミュラー家はドイツのロマネ・コンティと評価され、ドイツが世界に誇る世界最高峰の白ワイン生産者。
リースリングにこだわり、厳選された葡萄畑から、極少量のリースリングしか収穫せず、天然酵母による伝統的な醸造法を守り続けている。
エゴン・ミュラーは、糖度に基づいた、ドイツワインの格付けに懐疑的で、独自の厳しいハードルを設けている。

ドイツワイン法では、ラベルに<村名+畑名>を表記しなければならないが、 5つの特別な単一畑(オルツタイルラーゲ)に限っては例外で畑名だけの表示が許されており、シャルツホフベルガーはその一つである。