熟成ふなぐち菊水一番しぼり 缶 200ml
【2017年3月31日】

熟成ふなぐち菊水一番しぼり_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり2_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり3_550
熟成ふなぐち菊水一番しぼり4_550

■テイスティングコメント
外観はしっかりと黄色づいている。
芳醇なバナナ、黄桃、キウイのような香りを放つ。
口に含むと、滑らかだが、豊かな酸とコクが主張してくる。
フレッシュなジュースのように、華やかで、とろみがあると錯覚するほどの旨味を感じる。
フィニッシュは凛としたミネラル感が切れ味を上げている。
濃厚旨口だが、通常のふなぐちと比べると熟成されている分、落ち着きがある。
しかし、熟成酒のような印象は控えめである。


井戸の底で静かに湧き出る清水のような印象です。

熟成ふなぐち菊水一番しぼりimg2_550

■概要
産地:新潟/菊水酒造
アルコール度数:19%
仕込み水:加治川の伏流水(軟水)


菊水は昭和47年(1972年)、生原酒を日本で初めて缶に詰めて商品化し、これまでに2億4000万本もの販売実績がある。
ふなぐち菊水一番しぼり200ml缶のみの総出荷量。