一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

2018年03月

Boekenhoutskloof Semillon 2015
ブーケンハーツクルーフ セミヨン 2015年
【2017年10月26日】

Semillon 2015_エチケット_550
Semillon 2015_エチケット2_550
Semillon 2015_550

【外観】
艶のあるレモンイエロー。

【香り】
ミネラルを彷彿とさせるバナナのようなニュアンスと、甘酸っぱいキウイのアロマが、穏やかに折り重なる。

【味わい】
口に含むと、熟したフルーツのような甘味と、ミネラル由来の苦味が広がり、シンプルながらも奥深いアタックを感じる。
骨格はエレガントながら、丸みを帯びた穏やかな酒質で、果実味には凝縮感がある。
ワインの重心は高めで、清涼感のあるフレッシュな酸味と、鉱石のように凛としたミネラル感が混ざり合い、滑らかなフィニッシュへと繋がる。

【イメージ】
若々しいですが、深淵の底で光るクリスタルのように、美しいワインです。
ブーケンハーツクルーフセミヨンimg2_550

■概要
1776年設立され、フランシュック地区で最古で最も評価の高いワイナリーだ。
ワイナリーの名前は、「土着のブナの木」を意味する。
エチケットには、この木で作られたケープ・オランダ様式の7つの椅子が描かれている。
ブーケンハーツクルーフ社は過去に、ロバートパーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド(アメリカ)、ワインレポート(ヨーロッパ)の双方で南アフリカNo1ワイナリーに選ばれている。

産地:南アフリカ/フランシュック
タイプ:白/辛口
葡萄品種:セミヨン98〜99%/マスカット・オブ・アレキサンドリア1〜2%

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Saint Joseph Blanc 2010 Domaine Mathilde et Yves Gangloff
サン・ジョセフ ブラン 2010年 ドメーヌ・マチルド・エ・イヴ・ガングロフ
【2017年10月26日】
Saint Joseph Blanc 2010_エチケット_550
Saint Joseph Blanc 2010_エチケット2_550
Saint Joseph Blanc 2010_550


■テイスティングコメント
【外観】
深みのある濃いイエロー。
表面には艶が見える。


【香り】
微かに柑橘系のアロマは感じるが、栗の皮のような香ばしいアロマの方が表面に出ている。
ヴィンテージほどの熟成感は表れていない。


【味わい】
口に含むと、エレガントで伸びやかなミネラル感が広がる。
壊れてしまいそうなほどの繊細な造り(骨格)ながら、凝縮感があり、余韻は細く長い。
ミネラルウォーターのように雑味が無く、嫌味もない純粋な味わい。


【イメージ】
熟成感と新鮮さがグラスの中で溶け合っている。
永遠にピュアなワイン。
Saint-Joseph-Blanc-2010img2_550


■概要
ガングロフは評論家には左右されない生産者と言われ、雑誌や評論家のインタビューを嫌い、マスコミに登場することもあまりないと言う。
山奥で葡萄と向かい合い、ワインと対話しながら、ワイン醸造の日々を送っている。
日本の侍を彷彿とさせる彼が一躍有名になったきっかけは、2000年にジャンシス・ロビンソンが携わる「オックスフォード・コンパニオン・トゥ・ワイン」で、「最も将来有望な28人」の1人に選ばれたことである。
そのただ一度の登場で、翌年の2001年以来、予約しなくては買えないカルトワインとなった。
急勾配の丘陵に広がる畑でオーガニック栽培を行い、全てを手作業でこなす。
ステンレスタンクで発酵、新樽、古い小樽を用いて熟成し、ワインの澱引きはなく、酸化防止剤も最低限しか使用しない。
コート・ロティに3ha、コンドリューに2.5ha、サン・ジョセフに2.4haを所有する小規模なドメーヌで、ワインの生産量は僅か30樽弱で日本への入荷は数ケースのみである。
コンドリューにつていはその一部をローヌの名門ギガルに卸しているそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ