一觴一詠 酒を詠む

ワインエキスパートの悠です。
30歳で小さいワインのネットショップを起業、現在運営中です。
ブログにはワインに限定せず、日々飲んだ酒をアップしていきます。

ブログ名は【いっしょういちえい】と読みます。
一杯の酒を飲みながら、一つの詩を歌うことです。
当ブログの写真や文章等の著作権は全て管理人に帰属しており、無断転載は禁止です。
初めての方はこちらをご参照ください。 ▶当ブログの趣旨

2017年05月

花春 濃醇純米酒 720ml
【2017年3月22日】

花春濃醇純米酒_550
花春濃醇純米酒2_550

■テイスティングコメント
バナナのような甘い香りと吟醸香が混ざり合い、控えめに香る。
口に含むと、濃厚な米の旨味が広がるが、だらだらと間延びせず、鉱物を彷彿とさせるミネラル感が心地よい切れ味を演出する。
名前の通り濃厚で肉厚な骨格で、飲んだ後の余韻は長い。


常温だと素っ気ないが、ぬる燗にすると酒が開く。
まろやかなコクと甘味のハーモニーが心身を癒す。


どっしりと重心が低く重い酒。
悠久の歳月を感じる石造建築のような安定感があります。

花春濃醇純米酒img2_550

■概要
産地:福島/花春酒造
酒米:会津産まいひめ100%
アルコール:15度以上16度未満
日本酒度:-1.5
酸度:1.7
精米歩合:55%
酵母:花春吟醸酵母
仕込み水:中硬水(超純水製造システムにより硬度は調整できる)


1718年に宮森久右衛門が鶴ヶ城外堀東門天寧寺口に酒造業を興す。
1868年に鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争が勃発し、酒屋は消失するが、五代目井筒屋久右衛門が再建し酒造に着手する。
人々の心に「花のような明るさと、春のような和やかさ」を取り戻すべく、酒銘を、漢詩「花開酒国春」にちなみ「花春」と改めた。
2018年に300周年を迎える花春酒造は伝統を守りつつ、設備の機械化、省エネルギー化、環境への配慮、自動制御化等に取り組み、時代とともに進化している。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Scharzhofberger Riesling Auslese Versteigerungswein 1988 Weingut Egon Mueller
シャルツホフベルガー・リースリング アウスレーゼ 1988年
エゴン・ミュラー
【2017年2月16日】

エゴン5_550

エゴン_550

エゴン4_550

■テイスティングコメント

【外観】
褐色がかった黄金色、べっ甲色を呈す。

【香り】
グラスに注ぐと、完熟したパイナップルや、甘いハチミツのような芳醇なアロマがこぼれる。
べっ甲飴のような濃厚な香りと、微かにジャスミンの香りが混ざり、ぺトロールは弱い。


【味わい】
口に含むと、豊かでコクのある丸みを帯びた酸味が広がる。
溢れ出そうな芳醇な甘味から、気品のあるミネラル感へ繋がり、余韻は長い。


【イメージ】
重心が高いリースリング。
色彩的には黄色で花畑を彷彿とさせる。
時を感じさせる外観とは裏腹に、味わいはフレッシュで純朴。
時間の流れを閉じ込めたような魔法のワイン。


★Scharzhofberger Riesling Kabinett 2005
Egon Muller
★Wiltinger Braune Kupp Le Gallais Auslese 1999
Egon Muller

※過去にこちらのワインを飲んだときも浮かんだ色彩は黄金色でした。
ヴィンテージ由来かもしれません。

エゴンimg2

■概要
エゴン・ミュラー家はドイツのロマネ・コンティと評価され、ドイツが世界に誇る世界最高峰の白ワイン生産者。
リースリングにこだわり、厳選された葡萄畑から、極少量のリースリングしか収穫せず、天然酵母による伝統的な醸造法を守り続けている。
エゴン・ミュラーは、糖度に基づいた、ドイツワインの格付けに懐疑的で、独自の厳しいハードルを設けている。

ドイツワイン法では、ラベルに<村名+畑名>を表記しなければならないが、 5つの特別な単一畑(オルツタイルラーゲ)に限っては例外で畑名だけの表示が許されており、シャルツホフベルガーはその一つである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Chambolle Musigny 1996 Domaine George Roumier
シャンボール・ミュジニー 1996年 ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ
【2017年2月16日】

ルーミエ_550

ダウニー3_550

■テイスティングコメント
【外観】
明るくて透明感のあるガーネット色。
ワインの涙はサラサラしており、グラスの底は霞んで見える。

【香り】
甘酸っぱいラズベリーや、芳醇なブルーベリーのアロマが漂う。
豊かな果実香と共に、シナモン、クローヴ等のスパイス香も感じる。

【味わい】
口に含むと、豊かな酸味と、ゴツゴツしたタンニンが広がる。
濃厚で凝縮感があるが、骨格の印象はエレガントで繊細。
野生的な荒々しさと気品を併せ持つ隙のない印象。
対照的な要素が存在している複雑な造り。

【イメージ】
畑や農夫、生産者の汗と涙が透けて見えそうな一本。
無骨だが、真摯な情熱を感じる純朴なワイン。
エレガントと評価されているワインですが、決して華やかな世界観ではなく、実直で仕事熱心な初老の男性をイメージしました。

ルーミエimg_550

■概要
ブルゴーニュでもトップクラスの人気を誇るこのドメーヌの当主はクリストフ・ルーミエであり、シャンボール・ミュジニーに本拠を置く。
1924年にクリストフの祖父、ジョルジュが設立し、0.1haのミュジニーはドメーヌ創設時からジョルジュが賃貸耕作していた区画を、1978年になってようやく父のジャン・マリーが買い取ったものである。


醸造においては2003年に選果台を導入し、畑での選果に加え、醸造所でも葡萄の選別が行われるようになった。
発酵容器は1998年までは木製開放桶だったが、2009年以降はほぼ100%ステンレスタンクに切り替わっている。
通常、除梗率は75%で25%の梗を残すが、2009年のような暑い年は敢えて50%残すことでワインにフレッシュ感を与えている。
ミュジニーは収穫量が少ないため、嵩を上げるために100%全房で醸造し、12〜13度で6日ほどの低温マセレーション、自然発酵している。
計16ヶ月の樽熟成を施すが、ミュジニーは澱引き時に古樽に移し替え、樽香が付き過ぎることを避けている。

ミュジニーに限らず、全体的に新樽率が低いのは、テロワールを体現するためである。
前に述べた信念のもと、化学薬品、化学肥料、除草剤の使用を廃止をしており、清澄、濾過も行わず、そのワインのポテンシャルを引き出している。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ