Brauneberger Juffer-Sonnenuhr Riesling Auslese Goldkapsel 1990
Weingut Fritz Haag
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウアー リースリング アウスレーゼ ゴールドカプセル 1990年 競売会ボトル
フリッツ・ハーク
【2014年10月24日】

フリッツ・ハーク1990_500

■テイスティングコメント
【外観】
濃く透明感のあるゴールドイエロー。
深く落ち着いた黄色は、明る過ぎず、そして地味ではない色。


【香り】
熟したカリンや黄色い花のアロマ。
91年のシュペートレーゼは高山の花のイメージだったが、こちらはもっと身近な農村に自生する野花のようで、前者よりワインの重心が低い。
淡いペトロール(リースリング特有の重油香)は両者とも同様に感じる。
これは生産者の個性かもしれない。


【味わい】
アウスレーゼでありながら控えめな甘さと酸味はエゴンに通じるバランスの良さ。
ワインだけ飲んでいても疲れてこない、むしろ疲弊しているときに飲むと癒やしになりそうな優しいワイン。
余談だが、そこまで甘くしないスタイルはオリヴァー氏にも引き継がれているとのこと。


【イメージ】
黄昏時に響くのは鐘の音。
村に一つしかない教会の前で催される秋の収穫祭。
冬がそこまで来ている、静寂の前の大切なひと時。
華やかだが、どこか終わっていきそうな儚げな感じ。
静かに朽ちていく過程を美しく思わせる。
それでいて、その先の春にまた希望を抱かせてくれるようなワイン。
"ドヴォルザーク ユーモレスク 変ト長調 Op101 第7番"が聴こえてくる感じです。


過去にエゴンを飲む機会が二回あり、一回目は過去と未来、二回目は常世と現世を感じました。
どちらも時間、時空の概念でありながら、その実は時間に縛られず、永遠に近いスケール感を表現するために用います。
エゴンと似ていると表現したこのワインは、性質は似ていましたが、本質は違いました。
決して永遠ではなく終わりがあるということ。
その美しく思わせる終わり方に生産者の実力が垣間見える気がします。

フリッツ・ハーク1990img_500

■概要
1605年創業のフリッツ・ハークはエゴンに並ぶ生産者として名高い。
現オーナーのオリヴァー氏はナーエのデンホフ(1750年から家族経営で続く老舗)で経験を積み、その後、南アやオーストリアで修業した。
過去に日本にも訪れており、和食とドイツワインが合うと感じたそうで、事実この日のワイン会の和食とのマリアージュは最高でした。
(この日のワインはオリヴァー氏ではないですが)