Brauneberger Juffer-Sonnenuhr Riesling Spaetlese Goldkapsel 1991
Weingut Fritz Haag
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウアー リースリング シュペートレーゼ ゴールドカプセル 1991年 競売会ボトル
フリッツ・ハーク
【2014年10月21日】

フリッツ・ハーク1991_500

■テイスティングコメント
【外観】
グラスに注ぐと、僅かに気泡が見える。
外観は淡く透明感のあるハニー色。
表面に艶があり、品質の良さを物語っている。


【香り】
黄色い花を思わせる可憐で華やかなアロマが香る。
リースリング特有のペトロールは自己主張せず弱い。


【味わい】
口に含むと、感じるのはみずみずしい酸味で、この特徴はヴィンテージ由来のもの。
1991年はヨーロッパ全域で天気は芳しくなく、そこまで評価される年ではない。
しかし、そのみずみずしさがワインのフレッシュ感に繋がり、全体的に軽やかな印象を与えている。
意図的か偶発的か分からないが、前者であるなら秀逸な生産者である事を証明している。

エゴンを彷彿とさせるバランスの良さ、優しい甘味と酸味が見事に同調している。
その性質には酸の柔らかさが重要で、樽も一役買っているように思える。


【イメージ】
イメージするのはオーストリアとの国境、グライナウ村の短い夏。
涼やかな風に乗って仄かに香る可憐な花の存在。
白い服を着た女性が佇み、微笑んでいるようなワイン。


Wiltinger Braune Kupp Le Gallais Egon Mu"ller Mosel-Saar-Ruwer Auslese 1999
エゴンのブラウネ・クップと似たイメージを持ちました。

フリッツ・ハーク1991img_500

■概要
葡萄品種:リースリング


フリッツ・ハークの創設は1605年。
ブラウネベルクの急斜面に畑を持ち、エゴン、プリュムと同格とされる実力者。
収穫は全て手摘み、天然酵母を用い、ステンレスだけではなく樽も使う。

ユッファー・ゾンネンウアーとは乙女の日時計を意味する畑名であり、実際に日時計は存在する。